リラックス

スポーツでも仕事でも何かことに当たるとき、リラックスしている状態と緊張している状態、どちらが高いパフォーマンスを発揮できると思いますか?答えは明白ですよね?リラックスしている方です。仮に同じパフォーマンスが発揮できたとしても、リラックスしている状態と緊張している状態では後者の方が心身への負担は多いはず。だけど私たちはそのことが重要であればあるほど緊張してしまいがちです。「失敗できない」というプレッシャーがどうしても頭をよぎりますからね。

つまり人間何をするにもリラックスしている状態がベストということです。プレッシャーの多いストレス社会に暮らしている現代人はリラックスの仕方を忘れてしまっているという人も少なくありません。「力の抜き方がわからない」という方も施術をしていると結構いらっしゃいますし。

じゃあどうやって力を抜いたりリラックスしたらいいのかというと、それは呼吸です。とにかく息を吐きましょう。吐く息を意識しましょう。今してみてください。世の中には腹式呼吸や胸式呼吸など○○式や○○メソッドと名の付く呼吸法が無数にありますが、大事なのは方法論ではなくて吐く息を意識できているかどうか。

逆をいえばリラックスできていないとき、余計な力が抜けないとき、100%息を吐くことが意識できていません。別に吸った分と同じ分が吐けていなかったからといって無理に吐き出す必要はありません。ただただ自分の吐く息を観察するだけ。それだけで余計な緊張は取れて自然にリラックスできるように人間の身体はつくられています。やってみましょう。はい。今ここで。