足袋と日本の文化

私はマラソンが趣味なのですが

走るときはいつも足袋を履いています

先日の横浜マラソンも足袋で走りました

 

無敵というランニング足袋で

アウトソールの厚さがわずか5mm

しかも柔らかい天然ゴムなので

数ある裸足系シューズの中でも

究極に裸足に近いと言って良いと思います

 

良く聞かれるのは

そんなんで走ってどこか痛めませんか?

という質問

 

確かに痛めることもあります

だけどそれは

自分の身体の使い方が悪いから

 

痛みはそれを教えてくれるものであり

衝撃吸収機能満載のシューズでは

まず得られない感覚です

 

逆に衝撃吸収機能が高いということは

衝撃から身を守っているつもりが

どんどん身体を退化させているってことですよね

 

日本は裸足の文化

だから履物といえば

足袋であり草履であったわけです

 

これは

ものを大切にする文化に根付いたものだと思います

 

ものを大切に扱うということは

自分の身体も丁寧に扱うということ

 

物資が限られていた島国日本では

これは当たり前の教育であり

躾だったのです

 

それに対して欧米の消費文化

壊れたら取り替えりゃいいや

の発想です

 

だからものも雑に扱う

だけど身は守りたいから

シューズの機能をどんどん付け足す

 

結果

身体の機能はどんどん役割を奪われ

裸足では走れない馬鹿な身体になる

 

しかも

ものにダメージを与えて使った分だけ

自分の身体にも同様のダメージが加わる

気付いたときには

 

もうポンコツですよ

それでも欧米人はまだ

デカイ骨格でカバーするから

まだ良いんです

 

これを日本人がやったら

どうなると思います?

 

ものを付け足して

機能を付け足して

自分以外のものに自分の役割を預けて

思考停止して

問題を先送りにする

 

これではいくら走っていても

まったく健康ではないですよね

 

何も付け足さない

本当の自分の身体が知りたい

自分の問題に気付きたい

 

そのためには私の場合

足袋が必要なんです

 

今回は長い独り言でした

最後までお読みいただき

ありがとうございました

 

==========================

日吉の鍼灸整体マッサージ治療院 T-1コンディショニング

神奈川県横浜市港北区日吉2-8-3シティタカセ101

TEL:050-1516-2156

ホームページ:http://www.t1c.jp

facebook:http://www.facebook.com/t1conditioning1

口コミサイトエキテン:http://www.ekiten.jp/shop_2919224/

==========================

関連記事

  1. お腹を押す

  2. 呼吸と姿勢

  3. 長引く痛み

  4. 深い・浅い

カテゴリー

院長紹介

田口 裕之



院長名:田口 裕之


誕生日:1973年8月19日


出身地:横浜市港北区日吉


居住地:横浜市港北区日吉


趣味  :水泳・入浴・走ること(長距離)


家族構成:愛妻・愛娘


血液型:B型


好きな言葉:情熱


取得資格
・鍼灸師
・あんま・マッサージ・指圧師
・NSCA認定ストレングス コンディショニングスペシャリスト
・公益財団法人 日本水泳連盟 医科学委員会
医事部連携組織 日本水泳トレーナー会議 会員



鍼灸整体マッサージ治療院 T-1コンディショニング



〒223-0061
横浜市港北区日吉2-8-7
泉ハウス203号室
TEL:045-548-3410


診療時間
火~金:9:00~20:00
土:9:00~19:00
日・祝日:9:00~12:00
休診日:毎週月曜日