長引く痛み

 

なかなか取れない痛みがあります。

正確に言うと、なかなか痛みが取れない人がいます。

 

痛みは原因があって出るもの。

原因となる問題が解決すれば、痛みはおさまるはずなのです。

ですが、痛みのおさまり方には個人差があります。

 

もともと痛みは、個人の経験や感じ方によって大きく変わるもので、

決して数値化は出来ません。

基本的に痛みの発生時には原因があっても、

その後の痛みの強弱や抱えている期間の長い・短いは、

個人の感覚によって変わります。

 

極論を言うと、痛みは個人の捉え方で強くも弱くも、

長くも短くもコントロールできるということです。

 

そうは言っても、痛みが強くなることや、

長引くことを望んでいるわけではないのに、

長く痛みを抱えている方がいらっしゃることは事実です。

 

ただ、ここで確認しておきたいのは、

本当にその方は回復を望んでいるのか?

ということです。

 

表向きには、「早く痛みから解放されたい」と言っていても、

実は心の奥底では、

「痛みを抱えている自分をもっといたわって欲しい」

的な願望をお持ちの方は、意外と多くおられます。

 

こうなると、この方は痛みへの依存を持っていることになります。

別の言い方をすれば、痛みが自分を構成する要素の一部になってしまっているのです。

 

よく慢性腰痛症の方を「腰痛持ち」と表現することがあります。

文字通り痛みを手放すことができず、身につけて持ち続けているんですね。

 

ここまで来ると、痛みの発生時の原因などとっくに無関係になっています。

この方の痛みを改善するには、自分の一部を捨てる覚悟で臨まなければなりません。

当然、簡単ではないですよね。

 

ただ、そういう方たちに多い共通項は、過去に何かしらのトラウマを抱えていたり、

それが元で未来への不安も大きくなっていることです。

 

そして、そのような心理状態は必ず呼吸に表れます。

不安により、「早く次の息を吸いたい」となり、

今の息を吐き切る前に次の息を吸ってしまう、

結果として呼吸が浅くなっているのです。

 

だからまず、痛みを抱えている人に必要なのは、

過去でも未来でもなく、「今」。

今の息を吐き出すこと。

 

シンプルだけど、痛みのコントロールには息遣いが一番重要です。

当院で一緒に体験しましょう!

 

==========================

日吉の鍼灸整体マッサージ治療院 T-1コンディショニング

神奈川県横浜市港北区日吉2-8-3シティタカセ101

TEL:050-1516-2156

ホームページ:http://www.t1c.jp

facebook:http://www.facebook.com/t1conditioning1

口コミサイトエキテン:http://www.ekiten.jp/shop_2919224/

==========================

 

関連記事

  1. 足袋と日本の文化

  2. 深い・浅い

  3. お腹を押す

  4. 呼吸と姿勢

カテゴリー

院長紹介

田口 裕之



院長名:田口 裕之


誕生日:1973年8月19日


出身地:横浜市港北区日吉


居住地:横浜市港北区日吉


趣味  :水泳・入浴・走ること(長距離)


家族構成:愛妻・愛娘


血液型:B型


好きな言葉:情熱


取得資格
・鍼灸師
・あんま・マッサージ・指圧師
・NSCA認定ストレングス コンディショニングスペシャリスト
・公益財団法人 日本水泳連盟 医科学委員会
医事部連携組織 日本水泳トレーナー会議 会員



鍼灸整体マッサージ治療院 T-1コンディショニング



〒223-0061
横浜市港北区日吉2-8-7
泉ハウス203号室
TEL:045-548-3410


診療時間
火~金:9:00~20:00
土:9:00~19:00
日・祝日:9:00~12:00
休診日:毎週月曜日